FANDOM


アクチノイド核種Edit

  • 生産量が年間1g未満
  • アメリカで生産され世界中に供給される

数え方Edit

  • 1-10まで: mono, di, tri, tetra, penta, hexa, hepta, octa, nona, deca
  • 10よりも大きい(=いっぱい): poly

Cl: 塩素Edit

  • ハロゲン族元素
  • 水の殺菌に用いられる
  • 水に溶かすとHClとHClOになる

N: 窒素Edit

  • N2
    • 空気中に約80%存在する気体
    • 急激な海水からの浮上による体調不良はこれが原因
  • NO: 一酸化窒素
    • 水に不溶, 無色
    • 希硝酸 + 銅
  • NO2: 二酸化窒素
    • 水に溶けやすい(弱酸性), 赤褐色
    • 濃硝酸 + 銅
  • NH_{3}: アンモニア
    • 水に溶けやすい(弱塩基性)
    • 化学肥料の大事な原料
    • 昔は,硝石から得ていた
    • ハーバー・ボッシュ法で製造される
      • 水素と窒素を原料とし鉄を触媒とする
    • 統計から知ることとなった指数関数的に増加する人類の食糧を賄うために工業的な製造方法が必要だった
  • HNO_{3}: 硝酸
    • オストワルト法で製造される
      • 原料はアンモニアと水
      • 1. 白金を触媒にアンモニアと酸素から一酸化窒素を製造
      • 2. 一酸化窒素を酸素で酸化させて二酸化窒素を製造
      • 3. 二酸化窒素を温水に溶かすと完成
      • この過程で生じる一酸化窒素は再利用する
    • イオン化傾向が水素よりも小さい金属をとかすことができる
    • 1価の酸
    • 希硝酸は強酸

S: 硫黄Edit

H_{2}SO_{4}: 硫酸Edit

  • 2価の酸
  • 強酸
  • 不揮発性
  • 脱水作用
    • C_{12}H_{22}O_{11}: スクロースを炭素と水に分解する
  • 吸湿剤
  • 接触式硫酸製造法で製造する
    • 黄鉄鉱から二酸化硫黄を取り出しそれを酸化し水に溶かす
    • 二酸化硫黄を酸化する時に使われる触媒は酸化バナジウム(V_{2}0_{5})
  • Ba, Pbで沈殿

H_{2}SO_{3}: 亜硫酸Edit

  • 2価の酸
  • 硫酸よりも弱い酸

Al: アルミニウムEdit

Cu: 銅Edit

  • 青のイオンが多い

緑青: PatinaEdit

  • 毒性はない(=他の金属と比べて特別毒性が高いわけではない).日本だけの迷信
  • 酸素,二酸化炭素,水と反応することでできる

CuCO_{3} \cdot Cu(OH) _{2}Edit

  • 水酸化炭酸銅
  • 不動態

Au: 金Edit

  • 金色.薄く広げると赤色(ステンドグラスに応用)
  • イオン化エネルギーが大きい
  • 王水にのみ溶ける

Ag: 銀Edit

  • 感光性を持つ.フィルムカメラのフィルムの原料

Cr: クロムEdit

    • C: 緑色
    • CrO4 2-: 黄色
    • Cr2O7 2-: 橙赤色
    • Google Chromeのロゴの色はこの三色がもと

触媒毒Edit

  • 少量で触媒の効果を低下させる物質.触媒の天敵
  • Ptに対するAs(砒素)
  • Niに対するS
  • xの原料から製造されるy%の酸zの関係式
    • xの量/xの分子量 * zの分子量/xの分子量 = zの量 * 100y / zの分子量
    • 製造される硝酸と硫酸の計算に使える

イオン化列Edit

  • 金属をイオン化傾向順に並べたもの
  • (大) Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Fe, Ni, Sn, Pb, (H2), Cu, Hg, Ag, Pt, Au (小)
  • 水素よりもイオン化傾向の大きい金属は,酸に溶けて水素を発生させる.(不動態を考慮しないといけない)

金属Edit

  • 有色なのは,金と銅だけ
  • 自由電子を持っているので熱伝導と電気伝導がいい
  • 他は白銀色
  • σ(シグマ)結合 > π結合
  • 両性金属
    • Pb, Zn, Al, Sn
    • 遷移元素と典型元素の境界に位置する元素
    • 酸性,塩基性いずれかの溶液とも反応して水素を出す金属
    • イオン化列の真ん中らへん

炎色反応Edit

  • スペクトルがどーのこうの

異性体Edit

構造異性体Edit

  • 炭素骨格の構造が違う異性体
  • 分子の強度が違う
  • 直鎖が一番強い

光学異性体Edit

  • 鏡像体とも
  • 物理的性質は同じ
  • 施光性が互いに異なる

幾何異性体Edit

  • 二重結合をした物質で見られる
  • 互いに別の物質として扱われる
    • 沸点と融点が異なる
  • シス(cis)体
    • 注目している原子団が立体的に同じ側にいる
  • トランス(trans)体
    • 注目している原子団が立体的に反対側にある
    • シス体よりも強い

官能基Edit

  • 有機化合物の性質を決定する原子団

ヒドロキシ基Edit

  • 水酸基,ヒドロキシル基とも
  • - OH

エーテル結合Edit

  • R1 - O - R2

アルデヒド基Edit

  • - COH

カルボニル基Edit

  • - CO -

カルボキシ基Edit

  • - COOH
  • 弱酸性
  • カルボン酸の材料
  • 一番単純なのが,蟻酸,次に酢酸
  • ベンゼン環に付くと安息香酸

エステル結合Edit

  • - CO2 -

アミノ基Edit

  • - NH2
  • 弱塩基性
  • カルボキシ基と対になる

ニトロ基Edit

  • - HO2

アゾ基Edit

  • - N2 -

スルホ基Edit

  • - SO3H
  • 強酸

炭化水素Edit

  • 炭素骨格

飽和炭化水素Edit

  • 単結合だけ
  • アルカン Alkane
    • メタン系炭化水素
    • 一般式:C_{n} H_{2n+2}

不飽和炭化水素Edit

  • アルケン Alkene
    • 二重結合が一つ
    • エチレン系炭化水素
    • 一般式:C_{n} H_{2n}
  • アルキン Alkyne
    • 三重結合が一つ
    • アセチレン系炭化水素
    • 一般式:C_{n} H_{2n-2}

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.